Illustratorだけで写真の一部分にモザイクをかけてみよう

イラストレーターの「モザイクオブジェクトを作成」は簡単にイラストや画像にモザイクをかけられる機能です。

ただし、この機能は画像すべてにモザイクをかけてしまうので、イラストレーターだけで画像の一部分にモザイクをかける場合はひと手間かけなければいけません。今回はキツネの画像をつかって、キツネだけにモザイクをかけてみます。

画像をクリックすると修正前の画像に切り替わります。

主な手順

  1. 元画像をコピーしてキツネ加工用レイヤーと背景加工用レイヤーを準備します。
  2. キツネ加工用レイヤーを加工します
    1. キツネ形にパスを作って「クリッピングマスク(M)」でキツネを切り抜きます。
    2. 「ラスタライズ(Z)」します。
    3. 「モザイクオブジェクトを作成(J)」します。
    4. モザイクオブジェクトのグループ化を解除して、いらないモザイクオブジェクトを削除します。

「モザイクオブジェクトを作成」で画像の一部分だけにモザイクをかける方法

サムネイル画像をクリックすると、より詳細な解説をご覧いただけます

いかがですか?画像の一部にモザイクをかけるのがイラストレーターだけでも難しくないことが分かっていただけたらうれしいです。

同様の処理を行うのであればフォトショップの方が簡単に行えますが、イラストレーターではベクター形式ならではの加工をさらに行うことができます。次の記事にその加工方法をまとめましたので、よろしければあわせてお読みください。

3D効果を使って写真に立体的なモザイクをかけてみよう -Illustrator-
3D効果を使って写真に立体的なモザイクをかけてみよう -Illustrator-
「モザイクオブジェクトを作成」はビットマップ画像をモザイク状のパスデータに変換します。パスデータを「3D押し出し・べベル」を使って変形することで球形のモザイクをつくれます。
スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする